停電(計画停電)に使えそうな家庭用予備バッテリー

Check

スポンサードリンク

節電対策と1つとして、東京電力管内と東北電力管内では、夏に計画停電が行われるかもしれない、ということで、いろんな家電製品に使える家庭用バッテリーのご紹介。

計画停電が行われなければ、これらは意味を成しませんが、不安であれば所持しておくのも1つの防衛策でしょう。

10時間以上持つバッテリー

予備バッテリーのベタな使い道としてはキャンプやアウトドアが思いつきますが、以下のバッテリーは使うものによっては10時間以上持つバッテリーです。

主な使い道としては、暑さを凌ぐための扇風機や、暗いところのためのLED照明、冷蔵庫などでしょうか。照明や扇風機であれば、10時間程度持つようです。

生命にかかわることとしては、毎年熱中症で亡くなられる方がいるので、扇風機は重要だと思われます。

これらであれば、100ワットでも十分足りるかと思います。

ほか、電気を常に使うものといえば、水槽など。水槽は結構消費電力が多いようで、200ワットくらいかかる模様です。

ノートパソコンは大して電力を使わないですし、そもそもバッテリーがあるので、そちらを使えばよいかと思います。

正弦波と矩形波(くけいは)

ほとんどの家電製品は、矩形波で利用可能らしいですが、デスクトップPCや精密機器などは、正弦波でないとダメなようです。

その正弦波に対応しているのが以下。

値段が馬鹿高いので、企業や廃人ネットゲーマー向けでしょうか。

UPSが売れてるらしい

UPSとは、無停電電源装置のことですが、停電の際に、いきなり電源OFFになると困る場面で使われる予備電源のことです。

UPS自体の持ち時間としては、何時間も持つものではなく、あくまで自家発電装置への切り替えや、安全な電源OFFまでのつなぎとしての使われ方が想定されています。

わかり易い例で言うと、エヴァが電源プラグを抜いても5分は戦えるのと同じ。

そこで今回の計画停電騒ぎで、何を勘違いしたのか、長時間もつものとしてUPSを購入されている人がいるようです。

価格.comでは、UPSの値段が上がっており、人気が伺えます。

20110420ups-graph

UPSはあくまでつなぎとしての性能しか確保されていないので、注意が必要です。加えて、UPSのバッテリー交換やバッテリー廃棄なども必要になり、ランニングコストが高いです。

編集後記

自家発電できる発電機についても紹介しようとしたけど、発電機はすでに数ヶ月待ちらしいです。

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2011年4月20日 17:48/edit

"停電(計画停電)に使えそうな家庭用予備バッテリー"の情報

タグ
バッテリー(3) , パソコン(66) , 家電(3)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**