原作 狼と香辛料1巻の感想

Check

スポンサードリンク

狼と香辛料の画像

2日に実家に帰省した際、ノートPCの電源のアダプターだけ忘れるという失態を犯してしまい急きょ暇になり、暇つぶしも兼ねて、7月から2期をやるという狼と香辛料の1巻を購入してきました。

ストーリーとしては、行商人であるロレンスが、旅の途中で偶然出会った賢狼ホロと一緒に行商をする、というお話。

ロレンスとホロの駆け引きが楽しい

狼と香辛料の題材となっているのが商いであり、当然商会との駆け引きがあるわけですが、それにとどまらず、道中でもホロと頻繁に駆け引き(というより漫才に近い)が繰り広げられています。

僕自身、営業をやっていたかもしれませんが、駆け引きが好きで、ホロがロレンスを丸めこむ様は読んでいて爽快でした。

また、女性(ホロは狼ですが)とともに問題を解決し、笑い、たまには喧嘩し旅をするというのは、男性にとってはある意味理想的な人生の過ごし方です。

そこにはパソコンはもちろん、娯楽なんてほとんどなく、あるのは酒くらいなものですが、たまには冒険がしたくなる。そういうときに、狼と香辛料を読んでみるといいかもしれません。

読みやすい文体

これはストーリー云々ではなく、文章についてですが、非常に読みやすかったです。なぜ読みやすかったかというと、難しい言葉がまったく使われていなかったからです。

一般の小説だと、なんだか小難しい単語が用いられ、言葉のレパートリーの少なさを痛感しますが、狼と香辛料は中学程度の語句しか使われていないため、そういう意味で読みやすかったです。

ってこんなこと書くと「最近の若者は…」とか言われそうですけど。

そのほかの感想など

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2009年7月 6日 05:19/edit

"原作 狼と香辛料1巻の感想"の情報

タグ
ライトノベル(2) , 感想(23) , 狼と香辛料(1)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**