ブログをAutopagerize・AutoPatchWorkに対応しました

Check

スポンサードリンク

というわけで、タイトル通り、Autopagerizeに対応しました。

個別のエントリーページにて、下までスクロールすると、時系列的に1個前のエントリーが読み込まれます。

書いたコードなど

<div class="autopagerize_page_element"><!-- autopagerized_start -->
~パンくずリスト~
~エントリー~

<div class="navigation">
<p>
<mt:EntryNext><span class="next"><a rel="prev" href="<$mt:EntryPermalink$>"><<<$mt:EntryTitle$></a></span></mt:EntryNext>
<mt:EntryPrevious><span class="prev"><a rel="next" href="<$mt:EntryPermalink$>"><$mt:EntryTitle$>>></a></span></mt:EntryPrevious>
</p>
</div>

~トラックバック~
~コメント~
</div><!-- autopagerized_end -->
<div class="autopagerize_insert_before"></div>

やっていることは、「class="autopagerize_page_element"」でループしたいところを囲み、「class="autopagerize_insert_before"」に、ループしたものを挿入するということをやっています。

で、次のエントリーをどうやって発見しているのかというと、「rel="next"」で発見し、「href」のリンク先ををもとに読み込んでいるとのことです。

MovableTypeの場合、「EntryNext」だと時系列的に1個先のエントリーに対し、Autopagerizeの場合は「next」が時系列的に1個前のエントリーなので、なんだか気持ち悪いことになっています。コード的に。

最初、headのlinkで指定しようかと思ったのですが、1個しか読み込まれませんでした。ループ内にrelプロパティを指定しないといけないみたいですね。

メリット

  • ページ遷移が必要なくなった。

デメリット

  • アドセンスが表示されない
  • Autopagerize or AutoPatchWorkを入れていない人にとってはどうでもいい

今後は、カテゴリーやトップページにも反映させる予定ですが、PageButeプラグインがうまく動いてくれません。ですので、難航しそうです。

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2010年1月13日 14:49/edit

"ブログをAutopagerize・AutoPatchWorkに対応しました"の情報

タグ
MovableType(2)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**