mixiユーザーがTwitterに積極的でないわけ

Check

スポンサードリンク

ふと思い立って、mixiのTwitterコミュでTwitterのIDを晒している人をだらだらと見ていたのですが、すごくフォロー数が少ない人が多かったです。当然投稿数もすごく少なく、放置していると思われるアカウントもかなり多かったです。

mixiのtwitterコミュにさらされているIDは数が膨大なので、厳密に1個1個見たわけではありませんが、さらされているIDの6割くらいは放置中じゃないかと思います。

その割に、mixi日記の更新はしていたりするわけですが、なぜ、彼らはtwitterを積極的に使わないのでしょうか?

僕なりの考えを述べてみたいと思います。

「ゆるさ」への対処がわからないのではないか?

twitterを表す独特の表現として、「ゆるさ」というものがあります。

「ゆるさ」とはなんぞや?

これは僕の解釈ですが、2者間の心理的距離感だと思っています。大雑把に図で表すなら以下のような感じ。例外もありますが、ここでは割愛。

距離感を簡略図で現してみた。

定義を書いておきます。

知らない
まったく知らない。
なんとなく知っている
フォローして時間が立ち、リプライもよくする。相手のことを大体把握している。共通の趣味趣向がある。などなど。
知人・友人
実際に会ったことがある。

で、「ゆるさ」とは、「知らない」と「なんとなく知っている」の中間部分に当たる距離感だと考えています。

twitterでは、とりあえず興味ある人に対しては、たったワンクリックでフォローできてしまうのに対し、mixiでは相手の承認が必要になってきますので、twitterにおける「ゆるさ」が発生しにくくなっています。

mixiユーザーはゆるさに慣れていない人が多い

そう考えると、mixiユーザーが初めて「ゆるさ」を体験するとどう思うか?分からない物、理解出来ないものに対して、人間は「No」という感情を示すのが一般的なので、フォロー数も増えず、大してつぶやかず、放置してしまうと。

「コミュニケーションとるならmixiでいいじゃん」ということですね。

twitterを楽しむコツはゆるさに慣れること

インターネットの登場で、世界がボーダーレスになっています。今以上に、見知らぬ誰かとコミュニケーションを取る必要に迫られることが多くなってきます。

これからの時代を生き抜くための1つの経験として、twitterのゆるさに慣れることは、決して悪いことではありません。

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2010年1月25日 10:23/edit

"mixiユーザーがTwitterに積極的でないわけ"の情報

タグ
mixi(1) , Twitter(14) , コミュニケーション(2)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**