若者の〇〇離れの原因

Check

スポンサードリンク

気になる記事があったので、個人的な原因を述べてみようと思います。

消費傾向の変化

一言で言ってしまうと消費傾向の変化だと思いますが、これだと漠然としか分からないと思うので、小売業を例に具体例を上げてみようと思います。

小売業の変化

小売業は、古くは百貨店が栄えていました。お客様に夢と商品を売るあれです。高度経済成長にも助けられ、百貨店は大きく売上を伸ばしました。

そこにダイエーのような、安さで勝負するスーパーが参入してきます。百貨店からしたら、「そんなの売れるわけねーじゃん」と言うわけですが、実際に売れてしまいます。その他、イオンやらイトーヨーカドーなどが参入しています。

その後に、コンビニが小売に参入してきます。スーパーから見れば「うちより値段高いのに売れるわけねーだろ」と言いますが、24時間営業や手軽さ、どこにでもある安心感などを売りに、売上を伸ばします。

で、今現在は、ネット通販です。amazonや楽天、Yahoo!などが該当します。百貨店、スーパー、コンビニなどからしたら、「そんな機械的なやり取りだけで、物が売れるわけがない」と言いますが、ネットに繋がってさえ入れば、世界中の商品が買える、そして安い、ということを武器に売上を伸ばしています。

小売だけでこれだけ変化しているのですから、他の業種でもかなり変化していると考えるのが妥当ではないでしょうか?

旅行代理店の場合

旅行代理店は、今現在実店舗をどんどん閉鎖しています。これはなぜかというと、答えは以下のリンク。

要は、実店舗で売るより、ネットで売った方が儲かるから。JTBの場合だと、*るるぶトラベルなどに力を入れていると思われます。

こういうのも、消費傾向の変化の1つですね。

不景気になると、女性の髪が伸びる

不景気と女性の髪の毛になんの関連性があるのかというと、不景気になると、出費を抑える傾向になります。その出費を抑える方法の1つとして、美容院に行く回数が減ります。

じゃあどうしているのかというと、自分でやってしまうのです。いわゆるセルフエステとか言われるものです。現在、自分で手入れをする関連商品が売上を伸ばしているとかなんとか。

まとめると

ものが売れないなら、ネットで売ってみれば?

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2010年2月15日 13:20/edit

"若者の〇〇離れの原因"の情報

タグ
ネット(3) , 経済(3) , 通販(9)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**