コピーと言う概念が世界を変える

Check

スポンサードリンク

古くは模写や転写などがあり、有名なところでは、15世紀半ばの金属活字を用いた活版印刷があります。特に活版印刷は、書籍の普及に多大に貢献し、また同時にコストも下げました。

そして現代では、データの複製ですね。コピーするのにコストがほぼゼロという、驚異の複製です。

データ(bit)の複製については、フリー* が詳しいのでそちらを見てみてください。

物だけにとどまらないコピー

物やデータだけにとどまらず、コピーと言う概念は様々なところで使われています。1つ例をあげれば、学校がまさにそうでしょう。

学校は何をするところかというと、同じような知識・技能を持った人間を育てるところです。これにより、1つの例として大量生産ができるようになり、同時に一定の品質を保てるようになりました。

コピーがもたらす差別化

ただ、同じような人・物ばかりあってもそれでは進歩しません。なので、いわゆる差別化が必要になってきます。

学校に通う人でも、塾に通っていたり、進研ゼミのような通信講座をやっていたり、習い事をやっていたり、資格取得をしてみたり、果てはグレてみたりwするわけです。

みんな同じことできる以上、差別化、取り柄といってもいいですが、そういうことをしないと埋もれてしまいます。

このブログでも「差別化」を意識しながら、やっていきたい今日この頃。

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2010年3月31日 23:53/edit

"コピーと言う概念が世界を変える"の情報

タグ
コピー(1)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**