雪道や凍った道路を歩くときに気をつけていること3つ

Check

スポンサードリンク

首都圏では、雪が数センチ積もっただけでニュースになり、転んで病院に搬送されるというのが風物詩になっている模様。

そこで、雪国出身の管理人が、転びにくい歩き方や、気をつけたいことをご紹介。

ツルツルの靴底は避ける

ビジネスシューズであるのが、靴底がツルツルのものです。これはすべる要因になりうるので、靴底がツルツルではなく、凹凸のあるものが望ましいです。

接地面積の大きい靴を履く

ヒールのある靴は最悪で、多くは土踏まずの部分が地面につかず、限られた部分で体を支えるという状況になり、滑りやすくなります。

かっこつけてヒールがあるシューズを履くと、転ぶ元になります。

ちなみに豪雪地帯だと、ビジネスシューズじゃなくて、長靴を履くビジネスマンもいます。

かかとから地面に足をつく

1つ上の接地面積と関連しますが、かかとから足をつくことで接地面積が増えるので、足の裏全体で地面を歩くように心がけます。

編集後記

でも地方にいると、首都圏で起こったことなどどうでもいいですし、そんなことをニュースでいわれても困ります。

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2012年1月27日 12:02/edit

"雪道や凍った道路を歩くときに気をつけていること3つ"の情報

タグ
体験談(21)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**