暑い夏を節電・節約しながら乗り切れそうなグッズ

Check

スポンサードリンク

福島第一原発事故が起こってから、原発が定期点検に入ったまま稼動しておらず、今年の夏も、節電・節約の呼びかけがなされそうな予感。となると、電気を大量に使うエアコンは中々使いづらいところです。

というわけで時期は早いですが、日本の暑い夏をうまく節電・節約しながら乗り切れそうなグッズをご紹介。

DCモーター採用の扇風機で節電

DCモーターとは、省エネ性能が高いモーターで、消費電力が数Wから20Wくらいで動作する扇風機です。例えば以下のようなもの。

見た目は全然変わらないですが、消費電力は変わっています。扇風機は毎年買い換えるものでもないですし、1回購入したら使い続けられるでしょう。

LED電球に変える

暑さとは関係ありませんが、節電するのであればLEDに交換するのが良いでしょう。

LEDは、日本語では発光ダイオードと呼ばれています。一番身近なものでは、ツブツブライトの信号機です。

LED電球は、一般的な白熱電球の約40倍の寿命、40000時間の長寿命です。加えて省電力であると。

どのくらい省電力かというと、LED電球Q&A | LED電球:シャープを参照すると、消費電力6.2WのLEDで1日10時間、30日間毎日使っても41円。消費電力36Wの白熱電球だと、237円かかります。

自宅で炭酸水が作れるソーダストリーム

暑い夏を乗り切るには冷たい飲み物が欠かせません。暑い時に冷たい飲み物を飲むととっても気持ちいい。で、冷たくて美味しい飲み物というと、水やお茶もありますが、炭酸も定番の飲み物ではないでしょうか。

最近はハイボール人気や、炭酸が美容に効果がある(CO2スキンローション*炭酸ジェルパック*)などの人気もあり、自宅で炭酸水が作れると何かと便利です。

そこで便利なのが自宅で炭酸水が作れてしまうソーダストリームというもの。

このソーダストリームは一商品名で、同じような商品ではソーダサイフォンもあります。

ソーダストリーム、ソーダサイフォン共に、専用の炭酸製造装置と、ガスシリンダーが必要になりますが、空きペットボトルや空き缶といったゴミはでず、1本のガスシリンダーで500mlペットボトル120本分の炭酸が作れます。500ml当たりで、大体17~30円くらい。ソーダストリーム公式サイトではシロップも売っており、いろんな味が楽しめるのもいいです。

以下は実際に作っている動画です。

編集後記

炭酸好きなので、ソーダストリームとか欲しいのですよね。ただどこも売り切れという...。ソーダサイフォンにしようかな。

【PR】

Check

関連エントリー

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2012年4月 9日 02:49/edit

"暑い夏を節電・節約しながら乗り切れそうなグッズ"の情報

タグ
節約(2)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**