PHILIPS ヘッドフォン SHL9600のレビュー

Check

スポンサードリンク

SHL9600カバー ヘッドフォンマラソン第3回目は、ヘッドバンド型のヘッドフォン SHL9600です。

前回、前々回はイヤフォンだったのに対し、今回は屋外使用を考えて作られたヘッドバンドタイプなので、心待ちにしていたものです。

音質は低音より

気になるSHL9600の音質としては、全体的に低音よりで、以前レビューしたSHE9700に似ています。

ただ、これまた先日レビューしたSHE9551ほど低音よりでなく、また音がこもっているということもありません。

このあたりは40ミリの大型スピーカードライバーのなせる技と言ったところでしょう。

イヤーパッドで音漏れ防止も

ヘッドバンド型ということで、耳に当てる部分には当然パッドが付いています。これがあるだけで、ほとんど音漏れがしません。もちろん、音が大きい場合は容赦なく音は漏れますが、そんな時はボリューム調節がコード部分についていますので、そこで調節できます。

外でも使いやすいイヤーパッド部分は薄型

SHL9600は全体的にコンパクトなのですが、それはイヤーパッド部分も同様です。薄いということは、かばんなどにも収納しやすく、もち運びにも便利です。

イヤーパッドはくるくる回せる

可動範囲は90度で、収納するときはフラットにできます。舌の画像を参照。

便利な音量調節機能付き

価格がamazonで4700円というだけあって、きちんと音量調節機能が付いています。音漏れが気になる外での使用にはやはり欠かせません。

コードは最長で3メートルに

個人的には室内での使用をメインにしようかと考えているのですが、SHL9600には延長コードが付属していて、延長コードなしで1.2メートル、延長コードが1.8メートルで、合計3メートルまで延長できます。

また6.3ミリの差込口にも対応できるよう、変換アダプター付きという気のきかせようには、ちょっとばかり感動しました。

ヘッドバンド型ヘッドフォンがほしいなら、とりあえずこれ

総評としては、いつでもどこでもオーディオセットで聞く感覚を追及する人に最適な一品ではないかと思います。

  • 重低音サウンド
  • 屋内でも屋外でも使える
  • 便利なボリューム調整

以上の特徴から、屋外でも音質を妥協したくない人には、きっと満足できるヘッドフォンだと思います。

なお現在、フィリップスヘッドフォン キャンペーン中で、返金保証つきで購入できます。

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2009年11月28日 19:59/edit

"PHILIPS ヘッドフォン SHL9600のレビュー"の情報

タグ
PHILIPS(11) , ヘッドフォン(5) , レビュー(55) , 音楽(22)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**