初音ミク体験版3日目

Check

スポンサードリンク

何日前か忘れてしまいましたが、3日目にやったことを書いておきます。といっても、今回はらしいことはしていなくて、おもにパラメーターについての座学みたいな感じになっております。

パラメーター一覧

べた打ちした声に味付けをするのがパラメーターです。以下に紹介する10個のほかに、個々のノートを調整する表情コントロールプロパティとビブラートプロパティがあります。

VEL(ベロシティ)
数値が大きいと子音が短く強調され、小さいと子音が長くゆっくりと発音する。
DYN(ダイナミクス)
声の強弱を調整できる。
BRE(ブレシネス)
声に含まれる息の量を調整。数値が大きいとかすれ気味に、
BRI(ブライトネス)
声の明暗を調整できる。数値が大きい時は明るい声に、小さい時は逆。
CLE(クリアネス)
声の高音域に関して調整できる。
OPE(オープニング)
口の開け方を調節できる。
GEN(ジェンダーファクター)
鏡音リンで話題になったあれです。男声的にしたり女声的にしたりできます。
POR(ポルタメントタイミング)
音程が変化するタイミングをずらす機能。
PIT(ピッチベント)
音程を自由に動かせる機能。微妙な音程の変化を伴うとき頻繁に使用する。
PBS(ピッチベントセンシビティ)
ピッチベントで変化する音程の幅を調節する機能。

ボーカロイドは、基本的にこれらのパラメーターをいじって調整するのですが、弱音ハクな人たちの気持ちがわかりました…。
これは弱音吐きたくなりますわ。

調整しなくてもOK?

付属のDVDにはクリスマスコンテストの入賞者のVSQファイルが収録されていて、それをちょっと見てみて思ったのですが、ほとんどいじっていないものも多いということでしょうか。

パラメーターには上記で紹介したうち、VELやDYN以外はノータッチ、もしくは終始一定の値を取っているものが多く見受けられました。

もちろん、歌わせるものによると思いますが、要は自然に聞こえればOKということなのでしょう。

実際にいじってみる

というわけで、実際に歌わせてみた、と言いたいところですが、めんどくさそうだったのでしゃべらせてみました。(ダウンロードはこちら

主にピッチベントをいじってやったのですが、たったこれだけのフレーズで20~30分くらいかかっています…。しかもヘタクソ。

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2008年2月11日 05:03/edit

"初音ミク体験版3日目"の情報

タグ
ボーカロイド(21) , 初音ミク(16)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**