ハードディスク復旧(復活)計画

Check

スポンサードリンク

前回の投稿からかなり時間がたっていますが…。

NECのPCLL550HGというノートパソコンを148,800円で購入しました。それ自体はいたって普通なのですが、僕の場合はデスクトップパソコンを壊してしまっているので、もろもろのデータが以前のハードディスクに残ったままです。

ハードディスクの中には、サイトのテンプレートや、すでに配布を終了しているフリーソフトなどがありますので、取り出さないと困ってしまいます。

いろいろ調べていくと、内臓HDDを外付け化するキットがあって、それを使えばどうやら中のデータを取り出せそうなようです。

外付けHDD化キットの購入

そんなわけで早速ヤマダ電機にいっていろいろと物色しまして、coregaのCG-U2HDC35V2を購入。

ちなみになぜcoregaのCG-U2HDC35V2を買ったかというと、単にハードディスクケースのインターフェースが気に入ったから、という単純な理由です。

外付けハードディスクの組み立て

用意するものは以下のもの。

  • 規格NO1のプラスドライバー

いまさら分解するのは面倒なので、写真は載せませんが、組み立て自体は簡単です。線をつないで、ドライバーで閉めるだけという簡単なものです。

外付けハードディスクの組み立てが完了したら、あとはコンセントにつないでUSBポートに接続するだけ。これで内臓ハードディスクの外付けハードディスク化は完了です。

データの取り出し

外付けハードディスク化したら、次は重要なデータの取出しです。アクセスする場所は、「ローカルディスク > Documents and Settings > All Users(もしくはログイン名に相当するフォルダ)」。

ほとんどの人が、マイドキュメントやデスクトップに保存していると思うので、そこから必要なデータを、別のパソコンへコピーします。ただ、メールデータや、後でインストールしたプログラムについては、別途探さなくてはいけません。

それらは大体、「ローカルディスク > Documents and Settings > All Users(もしくはログイン名に相当するフォルダ) > Application Data(隠しファイルなので注意) 」、もしくは、「ローカルディスク > Program Files」 に入っているはずですので、そこにアクセスしてコピーします。

そんな感じでデータのバックアップが終了したら、そのハードディスクに入っているデータはもう要らないので、フォーマットしちゃいました。

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2007年10月27日 12:43/edit

"ハードディスク復旧(復活)計画"の情報

タグ
ハードディスク(8) , パソコン(66) , 体験談(21) , 復旧(4)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**