ネットワーク接続ハードディスクHDL-GSのレビュー

Check

スポンサードリンク

200808172007000

先日、IO-DATAのLAN接続ハードディスクである、HDL-GS500を購入しました。

HDL-GS500のセットアップ

まず、HDL-GS500を接続するにあたって、ハブが必要になります。僕はLogitecの5ポートあるハブを使ってます。LANケーブルを接続して、電源を入れます。

次に、付属のCDを入れると以下のようなウィンドウが立ち上がります。

io_hdl01

この中で、「Magical Finder起動」をクリック。するとVistaの場合、以下のようなが出るので、ブロックを解除します。

io_hdl02

無事Magical Finderが起動すると以下のウィンドウが立ち上がります。ちなみにこのMagical Finderは、PCにインストールすることもできます。ウィンドウが立ち上がったら、IP設定をクリック。

io_hdl04

パスワードを求められますので、取説に書いてあるものを入力します。

io_hdl05

パスを入れると、以下のようなウィンドウが立ち上がります。IPの設定ですが、基本的には自動的に取得する方法で大丈夫かと思います。

io_hdl06

設定が終わって「OK」をクリックすると反映が行われます。

io_hdl07

先ほどのウィンドウに戻りました。次は「ブラウザ」をクリック。

io_hdl04

するとブラウザが起動して、セットアップページに移動します。とりあえず「はじめて設定」をクリック。

io_hdl09

LANDISKの名前を決めます。デフォルトでは「LANDISK-******」という形になっています。

io_hdl10

IPアドレスの設定です。たぶん自動で取得できるはずなので、自動で。うまくいかない場合は手動で設定しましょう。

io_hdl11

一定時間アクセスがない場合、省電力モードにするかどうかを決めます。お好みで。

io_hdl12

設定内容を確認したら設定しましょう。

io_hdl13

設定完了しました。

io_hdl14

ネットワークを見ると、LANDISK-******が追加されています。

io_hdl15

次はPC内検索でLANDISKの名前を検索します。検索しても出てこない場合は、「コントロールパネル > ネットワーク接続 > ローカルエリア接続」のプロパティを開いて、「Microsoft ネットワーク用クライアント」のチェックボックスにしるしを入れます。

io_hdl16

僕の場合は「LANDISK-******」で検索してクリックすると、以下のようなものが表示されます。

io_hdl17

「disk」で右クリックをして、「ネットワークドライブの割り当て」を開くと以下のような画面になります。

io_hdl18

あとは適当にドライブ名を選択します。複数のPCがある場合は、これと同じ設定を行えばOKです。

使い心地

今、他のHDDに入っているデータをせっせと移動中です。移動中はLANケーブルをデータが流れているので、ネットの回線が若干重くなる気がしますが、いちいちハードディスクの接続を替えなくてもいいのでとても便利。

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2008年8月28日 07:44/edit

"ネットワーク接続ハードディスクHDL-GSのレビュー"の情報

タグ
ハードディスク(8) , パソコン(66) , レビュー(55)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**