PCを買ったらやっておきたい設定

Check

スポンサードリンク

PCを新調したわけですが、以前使っていたノートPCみたく、適当にインストール、アンインストール、気が向いたら整理整頓・掃除というように、行き当たりばったりな使い方もどうかなと思うので、いろいろと参照しながら設定をいじって見ました。

パーティションの分割

そもそもなぜパーティションの分割をするのかというと、1つのドライブにごちゃまぜにするより、このドライブはシステム関係、こっちはデータの保存用ドライブというように、大まかな用途別にしたほうが、何かと便利だからです。

また、後ほど紹介するTEMPフォルダの変更にも威力を発揮するでしょう。

HDDの構成画面

デフォルトではCドライブが450GBほどあったのですが、Cドライブを少なくする代わりに、Temp用とファイル用のドライブをパーティション分割で作成しました。

Vistaの場合、パーティション分割は専用ソフトをインストールする必要がなく、システムに組み込まれていますので、かなり簡単です。

Windows Vistaにおけるパーティション分割

パーティション変更画面1

まず、マイコンピューターを右クリックでメニューを開きます。そこに「管理」というものがあるので、それをクリック。

パーティション変更画面2

ディスクの管理をクリックすると、HDDのパーティション構成を見ることができます。

パーティション変更画面3

そして、圧縮したいドライブのところで右クリックをすると「ボリュームの圧縮」という項目が出てきますので、それをクリック。

ボリュームの圧縮する数字を入力します。

マイドキュメント、ピクチャなどを移動

Cドライブになるべくファイルなどをおかずに、システムやインストールしたアプリケーションのみおきたいので移動します。CドライブにあるProgram filesは、システム関係のものがその中に入っていたりするので、移動はしません。

移動方法

移動方法はとても簡単です。

ドキュメントの変更画面

変更したいフォルダのプロパティを開くと、「場所」タブがあるかと思います。そこを開くと変更が可能になります。

Tempファイルの変更

Tempフォルダとは、アプリケーションの一時ファイルなどが作成する場所であり、基本的にはアプリケーションが終了する際に削除されますが、たまに削除されずに残っている場合があります。

また、TempフォルダはPC内に何箇所かあるので、それを一箇所にまとめ、システムドライブとは別のところに変更することで、管理性の向上を狙います。

Tempフォルダの変更方法

tempフォルダの環境変数画面

「マイコンピュータ」を右クリックして「プロパティ」をクリック。すると上記の画面が出てきますので、「システムの詳細設定」をクリック。

tempフォルダの環境変数変更画面2

タブ「詳細設定」の「環境変数」をクリックします。

tempフォルダの環境変数3

上の変数を削除して、したのシステム環境変数を変更します。「TEMP」と「TMP」をそれぞれ好きな場所に書き換えます。

参考にしたサイト

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2009年3月21日 09:38/edit

"PCを買ったらやっておきたい設定"の情報

タグ
カスタマイズ(4) , デル(4) , パソコン(66) , 設定(6)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**