Vistaでファイルを実行する時に出てくる警告ウィンドウを出さないには?

Check

スポンサードリンク

Vistaユーザーの中には、「.exeファイルやパソコンの設定をいじるときに、変なクッションウィンドウがわざわざ出てきてうざい」と思っている人もいるかもしれません。

わかりやすく言うと、アイコンに変な盾マークが付いているやつです。

正式名称はユーザーアカウント制御というのですが、これを出さないようにする設定方法をご紹介します。

ユーザーアカウント制御の設定変更方法

まずwindowsメニューから、コントロールパネルを開きます。その中に、ユーザーアカウントというものがありますので、それを開きます。

コントロールパネル

で、開いた一部が以下の画像です。この中で「ユーザーアカウント制御の有効化または無効化」というのがあるのでそれをクリックします。そうすると、お馴染みのユーザーアカウント制御のウィンドウが出ます。

ユーザーアカウントの画面

クリックすると以下のようなものが出ますので、チェックボックスに入っているチェックをはずして、OKボタンをクリックします。

UACを使うかどうかの画面

クリックすると、再起動するよう求められますので、再起動しちゃいましょう。

再起動しますか?しませんか?

以上で設定変更は終わりです。これでストレスから解放されること間違いなし!

でも、クッションが挟まれなくなるので、そこのところはお気をつけて。

以下2009年9月27日追記

設定を変更したらデータが消えたのですが

これは僕の環境でなったのですが、実際に消えているわけではなく、データの保存場所と参照場所が変更されてしまうことで起きる症状です。

解決方法としては、「C:\ユーザー\ユーザー名\AppData\Local\VirtualStore\Program Files」にあるファイルを「C:\Program Files」に必要な分だけコピーすればOKです。

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2009年9月19日 04:17/edit

"Vistaでファイルを実行する時に出てくる警告ウィンドウを出さないには?"の情報

タグ
Windows(16) , パソコン(66)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**