失敗しないメモリの選び方

Check

スポンサードリンク

先日、ノートPCのメモリを交換したのですが、その際に収集した、失敗しないメモリの選び方をご紹介します。

どんなメモリが使われているか調べる

まずはPCにどんなメモリが使われているかを調べます。

調べ方としては、

  • メーカーホームページ
  • CPU-Z

の2つがあります。メーカー製のパソコンの場合、メーカーのホームページを見れば大体は載っていると思いますので、それを見ましょう。

BTOや自作の場合、先日紹介したCPU-Zで見れるかと思います。

見るべき項目

どんなメモリが使われているかを調べたら、見るべきところは以下の通り

  1. メモリインターフェース
  2. メモリ規格
  3. モジュール規格
  4. デュアルorトリプルチャンネル対応かどうか

順に見ていきましょう。

メモリインターフェース

速い話、メモリの物理的大きさです。種類としては以下の4つがありますが、RIMMはほとんどみかけません。

  1. DIMM(デスクトップ用)
  2. S.O.DIMM(ノートPC用)
  3. Micro.DIMM(ネットブックなどの小型ノートPC用)
  4. RIMM
メモリ規格

DDR2とかDDR3とかというものに該当します。表記によっては、PC3200やPC2-3200というような場合もあり、「PC*」の部分がメモリの規格に該当します。メモリの性能的な違いもありますが、実際にメモリが刺さるかどうか、という違いが大きい気がします。

例えば、DDR2とDDR3では、マザーボードへの差し込み部分が異なるため、刺さりません。インテルのページがわかりやすいですね。

モジュール規格

PC2-6400や800MHzという表記がされているかと思います。

この表記の読み方は、6400や800MHzというのが動作クロックを表します。

この規格より下位の規格、例えば5300(667MHz)のメモリをとりつけてもパソコン自体は動きますが、性能を十分に発揮しきれません。逆に上位の規格をつけた場合は、下位のものと同じ動作をします。

ちなみに、動作クロックを8倍すると、モジュール規格で示されている数字になりますので、わからない場合は8倍したり8で割ったりしましょう。

ただ、上位規格のものは値段が高いので、今現在ついているメモリと同じ規格のものがいいです。

デュアルorトリプルチャンネル対応かどうか

メモリは1枚で売られていることもあれば、2枚組、3枚組で売られている場合もあります。これは、デュアルチャンネル、トリプルチャンネルに対応している場合のためと、相性があるためです。

同じメーカー、製造工程で製造されたメモリだと、相性不良が起きにくくなります。

さあ買おう

上記4つをもとにメモリを決めれば、希望のメモリが絞り込まれてくるかと思います。ただここで問題になってくるのが、メモリの相性です。

で、この相性不良をどうにかするためには、BUFFALOやIO-DATAなどの箱で売られているメモリを買う方法と、相性保証制度を利用する方法があります。

箱売りのものは、動作確認していることがほとんどなので、値段は高めですが、相性不良は少ないです。

相性保証のものは、不良が起こった場合に交換に応じてくれるというものです。

以上のようにメモリを決めれば、ほとんど失敗することはないのではないでしょうか。

参考にしたサイト

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2009年10月16日 18:49/edit

"失敗しないメモリの選び方"の情報

タグ
パソコン(66) , メモリ(9)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**