Windows7にアップグレードしてやった設定

Check

スポンサードリンク

前回の記事Windows7インストール編で書いたとおり、僕がやったWindows7のインストール後の設定をご紹介します。

なお一連の流れは、ほとんどを手動で行ってます。

Vistaでバックアップするもの

Vistaに限らず、XPなども同じ。

  1. ユーザー登録辞書
  2. ブラウザのブックマーク
  3. 各種アプリケーションの設定
  4. データ

これらを、OSが入っているドライブとは別のドライブにバックアップします。

ユーザー登録辞書はIMEなどのツールバーから、ブラウザのブックマークは、Xmarksなどのシンクロさせる機能がなければバックアップは必須です。

各種アプリの設定は、「C:\ユーザー\あなたのユーザー名\AppData」(隠しフォルダ)や、もしくは「C:\Program Files」、はたまたレジストリに入っている場合もあります。アプリケーションごとのバックアップを参照したほうがよいでしょう。

マイドキュメントやデスクトップにあるデータは、これはそのまま別ドライブに移動しておきましょう。

パーティション分割とマイドキュメントなどの移動

依然僕が書いた記事であるPCを買ったらやっておきたい設定とまったく同じことを行いました。

これは、OSが入っているドライブと、データが入っているドライブを分けることにより、管理性の向上を図っています。

事実、Windows7をインストールした今でも、これを分けていたことにより、マイドキュメントフォルダやダウンロードフォルダなどは、特に移動させることなくそのまま使えます。

ちなみに以下の画像は、パーティション分割の画面です。コントロールパネルから行います。「ハードディスクパーティションの作成とフォーマット」から。

コントロールパネル画面

OSと同じドライブにTEMPフォルダをおくのがいやので、別のドライブをパーティションで作成します。

パーティション画面

まずは既存ドライブの容量を縮小し、容量を確保します。

どのくらい縮小するかの画面

大体10GBもあればよいかと。

縮小した後のハードディスク戦力図

容量を確保したら。そこに新しいドライブレターを割り当てます。

コンパね画面

新しいドライブを作成したら、「コントロールパネル」の「システムとセキュリティ」の「システムの詳細設計」タブの「環境変数」でTEMPの値を変更します。

システムのプロパティ画面

Windows 7でインストールしたもの

  1. ブラウザFireFox
  2. ブラウザGoogle Chrome
  3. 圧縮解答ソフトLhaz
  4. 無料のウィルス対策ソフトavast!
  5. メッセンジャーなどが入っているWindows Live
  6. 音楽再生と管理ソフトiTunes
  7. サーバーにファイルをアップロードするFFFTP
  8. フリーのテキストエディタEmEditor Free
  9. 画像加工Photoshop CS3
  10. ウェブページ作成のDreamWeaver CS3

僕としては、このあたりが入っていれば、何とかなりそうです。そのほか、必要に応じて適宜インストールしていきましょう。

Windows転送ツールは異なるbitだと使えない?

OSのディスクに入っている、Windows転送ツールがあるので、本当はこちらを使ってアップデートしようとしたのですが、32bitOSから64bitOSへのアップグレードだと、うまく動きませんでした。

Windows転送ツール自体は、Windows7をインストール後に使えます。「スタート」の「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」の中にあります。

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2009年10月27日 00:47/edit

"Windows7にアップグレードしてやった設定"の情報

タグ
ないです。
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**