タブレットPCはどのくらい浸透するか?

Check

スポンサードリンク

iPadやamazon キンドルの登場で、タブレット市場が賑やかになっていますが、実際どのくらいの規模になっているのかが、Gizmodeに掲載されていたのでご紹介。

ノートPC売上の半分がタブレットに食われてる

Gizmodeのリンク先であったウォール・ストリート・ジャーナルによると、アメリカのBest Buyはノートの売上の半分、特にネットブックの売上を侵食しているようです。

ネットブックがでた当初は、なんのためのPC?という風に思ったものです。なぜなら、あまりの低スペックさに、これはないだろうと思ったから。

でも、イーモバイルとの抱き合わせ100円PCが出現したあたりから、「あー、これはモバイラー用か」という考えに行き着いたと。

Appleのブランドもありましょうが、iPhoneがサクサク動くという前例があったので、タブレットに人が流れたのではないかと思います。

いくらネットブックにXPを搭載したところで、携帯用・タブレット用に最適化されたOSに比べてXP自体が軽量動作のOSとは思えず。

LuvPadなるタブレットPC

タブレットと言えば、マウスコンピューターがAndroid搭載のLuvPad iconなるタブレットを9月末にだすとのことです。てっきりDELLあたりが日本で最初に出すかと思いましたが...。

メモリがiPadの倍で、OS起動にSLCを使っています。Androidのモッサリ感を、ハードウェア性能でカバーしているというところでしょうか。

編集後記

タブレットPC、海外ではスレートと呼ばれていますが、個人的にはいりません。というのも、買ってそれでなにするの?と自問したとき、特に用途が思い浮かばないのです。あえて用途をひねり出すなら、ブログの更新がありますが、そもそもノートやデスクトップで事足りています。

タブレットのレビュー依頼であれば絶賛全裸待機中ですけどw

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2010年9月26日 20:51/edit

"タブレットPCはどのくらい浸透するか?"の情報

タグ
タブレット(1) , パソコン(66)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**