インターネットの速度が遅い時にやりたい高速化対策

Check

スポンサードリンク

ネットの速度が遅いと思ったら、やっておきたい対策を5つご紹介。なお、ハード面のみとしております。

回線を光回線などのブロードバンドにする

一番手っ取り早く速度を上げたいのなら、やはり光回線を導入するに尽きます。

キャンペーンなどで、回線工事費が無料に成っているケースも多いので、光回線の提供エリア内であるなら、変更の検討をしてみるとよいでしょう。

LANポートの見直し

LANには規格があり、10BASE-Tや100BASE-T、1000BASE-Tなどがあります。古いPCだと、100BASEが主流に成っていることが多く、これが速度向上の妨げになっていることもあります。

LANポートの規格は、水道の蛇口に例えるとわかりやすいでしょう。1000BASE-Tは、かなり蛇口が大きく、水(転送量)がたくさんでます。

ついで100BASE-T、10BASE-Tとどんどん狭くなっていきます。

デスクトップであれば、LANカードの増設により、1000BASE-Tに対応したものを取り付けることが可能です。ノートは買い替え、でしょうか。

最近のパソコンは、ほとんど1000BASE-Tに対応していますが、一部のネットブックや格安ノート(Lenovo Gシリーズなど)は、1000BASE-Tに対応していないこともあるので注意が必要です。

パソコン本体もそうですが、ハブやルーターが古い場合も速度低下につながります。

LANケーブルの見直し

LANケーブルにも規格があり、それがカテゴリというもの。

現在の主流がカテゴリ5eとか6、6eで、今現在、量販店でLANケーブルを購入すると、これらのうちのどれかになるでしょう。

ですが、昔のLANケーブルの場合、カテゴリ5(CAT5)の場合があります。カテゴリ5は、100BASEでの利用を想定したLANケーブルなので、データの伝送速度は100Mbpsとなっています。

他の部分を速い規格のものにしても、LANケーブルが対応していないと当然スピードは落ちますので要注意。

詳しくはLANケーブルの種類|イーサネット規格とカテゴリを見ていただくと分かるかと思います。

無線LANの通信規格

無線LANにも規格があり、それぞれ速度が異なります。

具体的には、IEEE802.11nという規格が現状一般に流通している規格の中では最も速いです。

IEEE802.11nに対応していないパソコン、ルーターだと、それよりも速度が劣るIEEE802.11bやIEEE802.11gなどでつなぐことになり、速度低下の原因となります。

ほか、無線の速度低下の原因としては、遮蔽物もあります。ルーターをアルミ箔で包んでみるとわかりやすいかと。

パソコンを買い換える

データが転送されて来る過程を改善しても、処理能力がないパソコンだと、送られてきたデータの処理が、回線速度に追いつけません。

例えば、僕が使っている4年ほど前のVista搭載ノートと、7のデスクトップでは、回線速度が大体15~20Mbpsほど違います。

編集後記

ハード中心な速度対策でした。ソフトウェア的なことは機会があったらやろうかな。

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2011年7月24日 19:06/edit

"インターネットの速度が遅い時にやりたい高速化対策"の情報

タグ
ないです。
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**