HDDからSSDへのデータ移行をするには

Check

スポンサードリンク

今使っているパソコンが、時々フリーズするようになってきたので、そろそろHDDの寿命(システム入っているHDDがなぜか中古のHDD)か?という状況。そうなると当然ストレージを交換する必要があるわけですが、今更HDDを使うよりは、ここはSSDだろうと思うのです。

ただ、SSDの購入自体はまだしておらず、下調べ段階です。SSDへの移行に伴い、OSの新規インストールも面倒なので、データ移行をしたいわけですが、それについてのメモです。

データ移行の2種類のやり方

ざざっと調べてみたところ、データの移行方法には2種類ありました。

  1. Windows7標準のデータ移行ツールを使う
  2. SSD付属の移行ソフト、市販品、もしくは無料のデータ移行ツールを使う(要はWindows7標準以外の移行ツール)

1番については、あまり情報が出ておりませんでした。理由は、移行ソフト付きSSDの人気があるからではないかと。

Windows 7標準の機能を使ったデータの移行方法

HDD ⇒ SSD の移行方法とか なんとか ネット。に詳細が書いてありますが、大まかな流れを説明すると、

  1. 「SSD容量≧HDD容量」になるように、HDD容量を調整する
  2. コントロールパネルより、「バックアップの作成」を実行する

になります。

Windows7標準以外の移行ツールを使うデータ移行方法

まずはフリーソフトを使う方法の紹介。GIGAZINEにWindowsが起動したままの状態でハードディスクをまるごとイメージ化できるフリーソフト「Macrium Reflect FREE Edition」が紹介されていますので、そちらを使えばよさそうです。

次は市販品を使ってバックアップをする方法ですが、有名所ではAcronis True image HDやHD革命など。これら2つは、バックアップについて調べると、大体目にするツールで、ストレージのバックアップをするには信頼が置けるでしょう。

SSD付属のソフトを使う場合は、上記のようなソフトが無料で使えたり、製造企業が自前でバックアップツールを作っていたりします。

例えばインテル製SSDにデータ移行する場合は、専用のデータ移行ツールが無料で使えます。

インテルの他には、Crucial製SSDはデータ移行キットが付いている製品もありますし、A-DATAはAcronis True Imageが無料で使えます。

ノートパソコンでデータ移行をする場合

ノートパソコンの場合は、SSDを買っても、つなげる線がないのでデータの移行ができません。

そういうときは、USBをSATA変換できるツールを購入することになります。これにつなぐと、内蔵用ストレージが、まるで外付けストレージのように使えるようになります。

アマゾンでは、GREEN HOUSE SATA/IDE-USB2.0変換アダプタ 2.5インチHD対応 GH-USHD-IDESA*が人気あるようですね。

いろいろ種類は出ていますが、ノートパソコンがUSB3.0対応であればUSB3.0対応のものを購入すると良いでしょう。

編集後記

SSD欲しいけど、いいものはまだまだ高い印象です。

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2012年4月 1日 04:34/edit

"HDDからSSDへのデータ移行をするには"の情報

タグ
SSD(6) , Windows(16) , Windows7(9) , ハードディスク(8) , バックアップ(4) , パソコン(66) , フリーソフト(10)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**