intel SSD 330の取り付けとデータ移行

Check

スポンサードリンク

実際にSSDを取り付けて何日か経過していますが、起動が爆速、SSDにしたCドライブにあるアプリケーション起動が爆速になっております。

起動時は、DELLのロゴが出るのですが、一瞬で切り替わります。が、そこに至るまでは、なかなか面倒でありました。

ブルースクリーンと戦ったデータ移行

SSDに移行する時のために、以前、HDDからSSDへのデータ移行について書きました。が、思っていたほど簡単にはいかずに四苦八苦。

何に苦労したのかというと、インテルSSD用に用意されているデータ移行ツールを起動しようとすると、BSODが必ず発生し、データ移行どころではなかったのです。ちなみにBSODとは、Blue Screen Of Deathの頭文字を取ったもの。

インテルSSD用のTrue Imageではダメなので、じゃあWindowsに標準で付いているバックアップと復元で、と思いやったのですが、こちらも訳がわからず頓挫いたしました。

というわけで、最後はフリーソフトを使う方法でやったらあっさりできた次第です。

EaseUS Todo Backupを使ったデータ移行

HDDからSSDへのデータ移行で重要なポイントは、「SSD容量≧HDD容量」にすることです。

そのために、まずはパーティションでHDD容量を減らす必要があります。

Windows Vistaや7は、予めインストールされているパーティション設定で容量の調節が出来るのですが、なぜか一定容量以下に設定できなかったので、これまたフリーのパーティション設定ソフトを使いました。それがEASEUS Partition Masterです。

EASEUS Partition Masterの大雑把な使い方

easeus画面

上記画像はすでに容量を調節した後ですが、大まかな使い方としては、まず調節したいパーティションを選択し、左側にある「Resize/Move partition」をクリックします。

すると、調節ができるようになるので調節し、決めたら上のApplyをクリックすると容量調節が完了します。調節後は再起動が必要です。

EaseUS Todo Backupの使い方

ダウンロードは以下から。ダウンロードしたらインストールして起動します。

事前にSSDは接続しておき、クイックフォーマットをしておきます。

ノートの場合はタイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25"ドライブ専用 UD-505SA* などを使うとUSB経由でデータの移行ができます。

EaseUS Todo Backup画面その1

起動したら、赤線で囲ったCloneのDisk cloneをクリックします。すると以下の画像へ。

EaseUS Todo Backup画面その2

まずはコピー元のディスクを選択します。選択したらNextをクリック。

EaseUS Todo Backup画面その3

次にコピー先となるディスクを選択します。選択したらNextをクリック。コピー先がSSDなら、下の方にある「Optimaze for SSD」にチェックを入れると良いかと思います。

EaseUS Todo Backup画面その4

そうするとディスクレイアウトが出てきます。Proceedをクリックすると、ディスクのクローンが作成されます。クローン作成には時間がかかりますのでお茶でもどうぞ。

クローン作成が終わったら、再起動してBIOS設定でディスクの起動順序を変更、SSDから起動するようにします。

Intel SSD Tool boxを導入する

SSDにして起動できたら、今度はインテルSSDの最適化・管理ツールであるIntel SSD Tool boxを導入します。

上記URLからダウンロードしてインストール。

Intel SSD Toolbox初期画面

ダウンロードしたファイルを起動すると上記のようなウィンドウが出ます。

Intel SSD Toolboxインストール画面その1

インストール画面です。

Intel SSD Toolboxインストール画面その2

おなじみ利用規約でございます。

Intel SSD Toolboxインストール画面その3

インストール先の設定。このままで良いかと思います。

Intel SSD Toolboxインストール画面その4

インストール場所やショートカットなどなど。

Intel SSD Toolboxインストール画面その5

インストール中です。

Intel SSD Toolboxインストール画面その6

設定ウィザード終了後に開始するかどうかを決めます。すぐにやる予定なので、チェックボックスを入れました。

Intel SSD Toolboxインストール完了

完了しました。

Intel SSD Toolbox設定画面その1

で、完了すると起動するプログラムが上の画像です。やることは、左のメニューに「!」マークが付いているものの項目です。

Intel SSD Toolbox設定画面その2

Superfetch/Prefetchの最適化がされていないので、最適化します。右側にある「調整」をクリックすると、

Intel SSD Toolbox設定画面その3

あっという間に最適化が終わりました。

SSDとHDDの速度比較

CドライブのSSDと、Dドライブに割り当てているHDDの速度を比べてみると、こんな感じになりました。

SSDベンチ画像HDDベンチ画像

SSDは、intel SSD 330シリーズにしては遅いかと思いますが、それはPCパーツがSATA2までしか対応していないせいです。SATA3対応のパーツで組むと、ざっくりと調べてみた限りでは、ほとんどの値が倍以上になります。

Intel SSD 330 Series 2.5inch MLC 9.5mm 120GB ResellerBOX SSDSC2CT120A3K5
amazon*/楽天市場

編集後記

SSDがSATA3対応なので、PCパーツもSATA3対応にしたくなって来ました。

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2012年4月21日 18:23/edit

"intel SSD 330の取り付けとデータ移行"の情報

タグ
HDD(6) , SSD(6) , Windows(16) , ツール(26) , バックアップ(4) , パソコン(66) , フリーソフト(10) , 体験談(21)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**