ウィンドウに収まらずに見えない領域を見えるようにする方法

Check

スポンサードリンク

何のことかというと、下の画像のようにウィンドウサイズが可変じゃなくて、ボタンなどが物理的に押せない状況のときに、どうしたらいいのかについてです。

エクセルVBAで適当に作ったウィンドウ

この画像のように、半分くらい見えていればまだ救いがありますが、ひどいのだとボタンが見えないということもあります。

カスタムテキストサイズの設定(DPI)を変更しよう

何が原因かというと、画面上の文字を見やすくするために設定されている、カスタムテキストサイズの設定(DPI)が原因です。

これを下げてやると、製作者の意図通りに表示されます。

やり方としては、「コントロールパネル>ディスプレイ」、もしくは「デスクトップ上で右クリック>画面の解像度>テキストやその他の項目の大きさの変更」から進めます。

ディスプレイ設定

上記画像のように、ラジオボタンをにして、適用ボタンを押します。もしくは、左サイドにあるカスタムテキストサイズの設定(DPI)から、詳細な設定をすることもできます。

設定が終わるとログオフを促されるので、改めてログインすると、全体的に小さくなって表示されます。

編集後記

Windows 7って、サイズの既定値が125%に設定されているので、アプリ作る人はそのへん考えてくれるとうれしいなぁ。

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2012年4月24日 03:16/edit

"ウィンドウに収まらずに見えない領域を見えるようにする方法"の情報

タグ
ないです。
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**