SSDの容量とメモリの関係

Check

スポンサードリンク

MTRON SAMSUNG SSD

最近、SSDが値下がりしております。例えば、7月14日にインテルがSSDを値下げしておりますし、1GB当たりの価格は100円を切るものが多いです。

というわけで、そろそろSSDの導入を…と考える人が多いかと思いますが、容量が少ないと思わぬ所で落とし穴にハマることもあるので、要注意です。

仮想メモリに注意

その落とし穴とは、仮想メモリ。仮想メモリは、特に設定を変更していないと、搭載メモリと同じサイズのファイルが生成されます。8GBのメモリを搭載しているなら、8GBのファイルが出来上がります。

最近は、メモリ1枚あたりの容量も増えて、64bit化の影響もあり、かなり大きい容量を搭載できるようになりました。デスクトップであれば、内蔵ストレージを増設して終わりですが、問題はノートパソコン。

特にノートパソコンは注意

ノートパソコンは、構造上複数のストレージを搭載するのが難しいです。

なので、ストレージがSSD120GBのみで、メモリが16GBのパソコンだとすると、Windowsの容量と仮想メモリの容量、ここでは取り上げていませんでしたが休止状態の容量、ダウンロードしたファイルや動画、画像、音楽、インストールしたアプリケーションなどを加味すると、SSDの容量が少ないことは、致命的だと思うのです。

まあ、マイドキュメントに入れるようなファイル群は、別途外付けHDDなどに移せば良いとおもいますが、パソコン本体に入れなくてはいけないアプリだとかは、容量という制限が課されることになります。

僕個人が推奨するSSD容量としては、大容量ファイルを使わない用途であれば120GBでもいいですが、そうではなくていろいろなものを入れたいと思うのであれば、200GB以上の容量があると、後々苦労せずにすむかと思います。

編集後記

早くハードをSATA3に対応させたいけど、ごっそり入れ替える必要があるからまだまだ先になりそう。

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2012年7月27日 04:25/edit

"SSDの容量とメモリの関係"の情報

タグ
ないです。
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**