検索結果を便利にカスタマイズするFireFoxアドオンとGreaseMonkey

Check

スポンサードリンク

僕たちがよく使うサイトの1つに、検索エンジンがあります。

最近は適切に検索キーワードを入力すると、求めている情報はすぐに見つかりますが、それでもまだまだノイズが入っていたり、いまいち使い勝手が悪いように感じます。

ということで、僕が使っている検索結果をカスタマイズするFireFoxアドオンとGreaseMonkeyスクリプトをご紹介します。

AutoPagerize

これがなければ始まらないといっても過言ではないというくらいのGreaseMonkeyスクリプトです。マウスのホイールでページをどんどんと見ることができるすぐれものです。

なお、低スペックPCでどんどんと読み込んでいくと、動作が結構重くなっていきます。

対応ページかどうかは、ブラウザ右上にある■が緑色になっているかどうかです。

word highlight

Goole検索で勝手にキーワードをハイライト表示してくれる便利なグリモンスクリプトです。

word highlightを導入したらこうなります。

上の画像では、keywordsボックスが検索ボックスの下にきていますが、本来はブラウザの右下にあります。

以前、【ブラウザ別】検索キーワードをハイライトする方法という記事を書きましたが、それよりも断然便利です。

Google以外でも、ショートカットキーでハイライト用の検索ボックスを出現させることができますので、どんなページでも使えますし、AutoPagerizeに対応しているのもグッドです。

使い方は以下のページがわかりやすいです。

検索結果とコメントがいっしょ(仮)

(仮)ではあるけれど、今後に期待が持てるアドオンです。

このアドオンは、下記の画像のように、Yahoo!検索にはてなブックマーク数とはてブコメントが参照できるようになります。

 検索結果とコメントがいっしょを導入するとこんな感じ

検索エンジンも賢くなってはいますが、それでもノイズが混じるので、はてなブックマーク数を信頼のおけるサイトを見つける1つの指標にしてみるとありがたみがわかるでしょう。

このブログの読者がよく使っていると思われるGoogleは、現在対応中とのことです。

テキストリンク

リンクが張られていないURIというのは結構あります。

例えば、上の画像のような検索エンジンだったり、ニコニコ動画のうp主のコメントに書かれている別サイトへのURIだったり。

このテキストリンクでは、URIをダブルクリックするだけで、いとも簡単にページが開けます。そして開ける形式は「ttp://~」というものや「www.no-review.net」というように「http://」が付いていなくても開けるのもありがたいです。

テキストリンク開いた新しいページを挙動をどのようにするかも、簡単ながらですが設定できます。

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2009年4月25日 17:43/edit

"検索結果を便利にカスタマイズするFireFoxアドオンとGreaseMonkey"の情報

タグ
FireFox(7) , カスタマイズ(4) , ブラウザ(6)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**