パソコンの支配に乗り出したGoogle

Check

スポンサードリンク

GoogleがChrome OSというオープンソースのOSのコードを、年内に公開するとのことです。

マイクロソフトつぶしだけじゃない Googleの脅威

GoogleがMSをつぶしにかかっているかどうかはさておき、Google Chrome OSが怖いところは、類似の製品が売れなくなることだけにとどまりません。

Googleの主力であるアドワーズに広告を収斂される可能性があります。そうなるとネット広告の勢力図も、また違ったものになってくるでしょう。

Googleのアプリケーション上で行うことが多くなるでしょうし、より広告を見てもらえる機会が増しますから。

ただ幸か不幸か、ほとんどをwebで過ごす人向けのOSとのことなので、OSのすみ分けは行われるようです。Windowsは確実にシェアを落としそうですけど。

今現在、趣味趣向の細分化が起こっているわけですし、みんながみんな同じものを使う、という時代遅れなことはしないでしょう。

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2009年7月 9日 11:49/edit

"パソコンの支配に乗り出したGoogle"の情報

タグ
chrome(7) , Google(12) , OS(4) , オープンソース(1)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**