全てのメールをGmailで管理する手順

Check

スポンサードリンク

すべてのメールをGmailへ集約する。

スマートフォンの登場で、携帯からもGmailをチェックする人が増えているのではないかと思います。

メールチェックがより身近になったものの、過去の膨大なメールや、たくさんのメールアドレスを所持している人も多いかと。

そういうものを、Gmailで一元管理できたら便利ですね、ということで、もろもろの手順をまとめてみます。

メールクライアントからGmailへメールを移行する

まずはThunderbirdやOutlook Expressなどから、Gmailへメールを移行しましょう。

流れとしては、IMAP接続設定をして、Gmailアカウントのフォルダめがけて、移行したいメールをドラッグアンドドロップするだけで完了します。

ただ、メールの量が多いと、全てアップロードするまですごく時間がかかりますのでご注意を。

シェアが大きいと思われるThunderbirdとOutlook Expressについては、以下のページの設定方法を参照するといいでしょう。

連絡先をCSVでインポート

おそらく多くのメールクライアントが、アドレス帳をCSVでエクスポートできると思いますので、各メールソフトでCSVをエクスポートします。

エクスポートした連絡先は、Gmailの連絡先のその他の操作からインポートできます。

インポート設定

メールの受信先をGmailにする

せっかくメールをGmailに移行したのですから、Gmailで受信できるようにしましょう。

設定方法は2通りあって、転送する方法とPOP3アクセスする方法があります。

おすすめは転送

POP3だとリアルタイムに受信ができず、一定の間隔を置いてメールを受信するため、というのがまず1つ。もう1つは、POP3アクセスの設定可能個数が、5個が上限なことがあります。

メールサービスの中には、POP3は許可しているけど、転送は許可してない場合があります。POP3の上限が5つと決まっているので、可能な限り転送でメールを受信するといいでしょう。

転送だとリアルタイムでメールを受信

転送設定は、メールを受診するサービスによって色々あるかと思いますので、そちらを参照してください。

POP3設定方法は、Gmail上部にある設定→アカウントとインポートの「POP3を使用したメッセージの確認」から行ないます。あとはメールクライアントでやっていた設定をほぼ同じです。

移行したメールのメールアドレスで送信できるようにする

このままだと、メールの受信はできるけど、送信ができないので、送信元を受信したメールアドレスで行えるようにしましょう。

同じくアカウントとインポートから、今度は「名前」から設定をします。

別のメールアドレスから送信できます。

以上で設定は終わり。あとは各メールアドレスごとにラベルを振るなどして見やすくするといいかもしれません。

編集後記

最近眠くなるの早いなー。もう年なのか...

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2010年9月 9日 23:32/edit

"全てのメールをGmailで管理する手順"の情報

タグ
メール(5)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**