読みづらいウェブ文章の5パターン

Check

スポンサードリンク

以下のページをみて、

逆に読みたくない文章とは?について考えてみました。

読みたいけど読みたくない5つ

ちなみに僕がブログを書くにあたって、気を付けていることでもあります。

文字が小さすぎる

最近はあまり見かけなくなりましたが、文字が小さいサイトは見たくないです。

見出しがない

文章を見ていけばわかるものですが、多くの人がより早く、より簡単に理解したいと考えています。

見出しだけで言いたいことが分かるのが理想です。

HTMLでは、<h1></h1>から<h6></h6>まであります。

段落が少なすぎる

文章を見ていて、1行目、2行目…7行目、8行目、8行目…あれ?

ということよくがあります。僕が文章を読むのに慣れていない可能性もありますが、長い段落は読みづらいものです。ですので、適宜段落を入れたほうがいいです。

HTMLでは、<p></p>で段落が設定できます。

行間が狭すぎる

先ほどの段落と通じる部分がありますが、文章を折り返したときに、上の文字と下の文字のスペースが狭すぎると、読みづらくなります。

これは、CSSのline-heightプロパティで解決できます。なお、「段落間のスペース>行間」という関係にしないと、逆に読みづらくなります。

横に長すぎる

メールでもそうですが、横に長い文章は目を動かすことが多くなるので、結果的に疲れます。HTMLの仕様書なんて最悪です。読みたいんだけど読みたくない、みたいな。

これは文章を収めるボックスを狭めたり、文字自体を大きくしたりすることで解決できます。

まとめ

HTMLとCSSは覚えたほうがいいよ。

【PR】

Check

スポンサードリンク

posted by たむ/ 2009年6月18日 11:18/edit

"読みづらいウェブ文章の5パターン"の情報

タグ
CSS(5) , HTML(5) , 文章(1)
このページのURL
TrackBack

コメントを投稿

送信(コメントが投稿されるまで時間がかかる場合があります。)

ピックアップ!

買い物の足しにでも
楽天モニター登録で50ポイント

カテゴリー

最新記事

サイト内検索

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。

過去ログ

運営サイト

ブログパーツ

あわせて読みたいブログパーツ

なかのひと *

  • track feed
ブログ広告ならブログ広告.com

ブログタイムズ

**